岩手支部ほか 東日本大震災津波救援・復興岩手県民会議 「結成総会」 を開催

日時:2011年7月9日(土) 13時30分~16時頃

会場:盛岡市勤労福祉会館大ホール(堀岡氏紺屋町2-9)

主催:東日本大震災津波救援・復興岩手県民会議

 

110709復旧・復興岩手県民会議.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.8 MB

東日本大震災津波救援し復興岩手県民会議結成アピール(案)

 本国(7月9日)、盛岡市内において「東日本大震災津波救援・復興岩手県民会議」(略称 救援・復興岩手県民会議)を結成しました。結成総会は、東幹夫(日本科学者会議岩手支部代表幹事)・加藤善正(岩手県生活協同組合連合会会長理事)。中里長門(前陸前高田市長)・箱石勝見(岩手県保険医協会会長)。前||!慧一(釜石地域革新懇事務局長、東日本大震災被災者の生活再建めざす釜石。大槌の会代表)・渡辺喜代子(岩手県母親大会連絡会会長)の6氏の結成よびかけに応え、被災地を始め多くの方々の参加のもとで成功しました。

 

 未曾有の災害発生から4か月近くが経過しました。県内の被災地では応急仮設住宅への移行とともに、「結露、湿気がひどしヽJなど住みやすい住宅を求める声が出ています。県立高田高校が全壊するなど小中・高校の学校施設が甚大な被害を受けたために、スク ールバスによる仮校舎や他校での分散授業となるなど厳しい教育環境が続いています。また、福島原発事故による放射能汚染も県内の牧草地まで広がり、その影響に対する不安が広がつています。しかしながら、こうした被災地がたいへんな事態に置かれているにもかかわらず、松本龍復興担当相が自らの資格が問われる暴言により就任9日目に辞任するなど政府対応への怒りは高まる一方です。

 

 私たち救援・復興岩手県民会議は「被災地の声が届いていない」という現状を直視し、何よりも被災者・被災地本位の復1日・復興づくりをめざす運動を被災者一人ひとりの苦難に寄り添つてすすめます。破壊された生活と生業(なりわい)の基盤回復のために国が責任を果たすことを求めます。岩手 県の「復興基本計画(案)」には被災した高田0大槌・山田の3県立病院の再建が明記されていない問題や、三陸縦貫道など従来型の大型開発優先など看過できない問題点もあります。

 

 こうした立場から、結成後に以下の取り組みをすすめます。

 

 ① 被災者の生活と生業(なりわい)の基盤の早期回復を最大の課題とし、復興のすすめ方は被災地を無視した上からの青写真押し付けは許されないという立場で復旧・復興をめざします。

 

 ② 岩手県が公表した「復興基本計画(案)」のパブリックコメント(7月末まで)への取り組みをよびかけるとともに、被災者・被災地の要求にもとづいて県要請を行います。

 

 ③ 被災地へのポランティア活動など支援の取り組みについて連携をはかりながら強めていくとともに、学習・交流会、シンポジウムなどを開催します。また、被災地における実態調査をすすめる取り組みにも協力を行うなど提言づくりに参加します。

 

 ④ 宮城県、福島県の復興支援・共同センターなど、被災3県の連携をはかりながら住民が主人公の復興、地域医療・福祉・教育、経済の再生をめざし取り組みます。

 

 ⑤ 福島原発事故の早期収束と東電や国からの金面賠償、放射能汚染問題への対応を求めます。原発からのすみやかな撤退と自然エネルギーの本格的導入をめざし運動します。

 

 救援・復興の一点にもとづく幅広い結集をめざすとともに、被災者に希望が見える真の復興をめざして運動をすすめましよう。

 

2011年7月9日

東日本大震災津波救援・復興岩手県民会議結成総会

 

東日本大震災津波救援・復興岩手県民会議設立総会報告(岩手支部 小笠原浩)

 7月9日、被災者の立場に立った復興をめざそうと「東日本大震災津波救援・復興岩手県民会議」(略称 救援・復興県民会議)の設立総会の様子をお知らせします。

 

 盛岡市で開かれた総会には、約200名が参加しました。往復4時間以上かかる被災地からの参加者も多く、県民会議によせる期待の大きさを感じました。

 

 被災地からの報告では、陸前高田の 藤倉市議は「戸羽市長の2千戸の公営住宅構想を紹介」、大船渡市漁協理事の新沼氏は「全資材流失救済のため、国の全面支援でカキ養殖の復興を」、釜石革新 懇の前川氏の「雨漏れ・結露・ハエの大量侵入のプレ協仮設住宅の現状と改善の訴え」、大槌町の阿部町議が「九死に一生を得た自身の体験と、復興には憲法 25条(生存権)の保障の訴え」、山田町の大杉さん(食堂『三陸味処』経営)は「4年前に6千万円をかけて拡張、全てを流されたが、再開に向けて頑張る決 意」を語りました。また、県医労中野委員長は、県の復興計画案には高田・大槌・山田の被災地の県立病院の再建が明記されていないと指摘し、「県立病院を元 に戻すためにともに頑張りたい」と決意表明。

 

 開会冒頭の佐藤隆雄先生の記念講演「東日本大震災の応急対応から復旧・復興を考える」のなかで、「復興の原則・基本は『医・職・住』!」と「被災地ごとに復興まちづくり協議会の設立を!」の重要性を、発言からも学ぶことが出来ました。

 

 さらに、ボランティア参加の青年を含む12人が発言。最後に結成アピールを採択し閉幕、予定を30分もオーバーする熱気のある総会となりました。

 

 当日までの加入団体は22団体で、 その中でも、科学者会議岩手支部・保険医協会・母親大会連絡会・自由法曹団岩手支部・婦人民主クラブ盛岡支部・農民連・岩手農民大学・国民救援会・一関生 活と健康を守る会など、今までに無い参加団体で、広さと層の厚さを期待される「県民会議」発足となりました。

 

 新建岩手支部の団体加入もその意味では新鮮で、冨岡支部代表を世話人に出すことになりました。支部からも4人が参加し、これからの支部の役割を確認する絶好の機会になりました。

 

住民の声反映を 県民会議結成へ-中里・前陸前高田市長ら /岩手

毎日新聞110617】中里長門・前陸前高田市長や加藤善正・県生活協同組合連合会会長ら県内の各団体の代表者らが16日、東日本大震災からの復興に向け、国や県の施策に住民の声を反映させるため、「東日本大震災津波救援・復興県民会議」を結成すると発表した。7月に盛岡市で結成総会を開く。
 呼びかけ人は中里前市長ら6人。約40団体が参加する。今後、地域住民の要望を元に県の復興計画に対する提言や、国などへの要請行動を行うという。【山中章子】

 

復興県民会議 岩手で結成へ 来月9日

しんぶん赤旗110617】東日本大震災岩手県共同対策本部の鈴木露通本部長(いわて労連議長)らは16日、県庁で記者会見し、7月9日に「東日本大震災津波救援・復興岩手県民会議」(仮称)を結成すると発表しました。

 結成の呼びかけ人として、東幹夫(日本科学者会議岩手支部代表幹事)、加藤善正(県生協連会長理事)、中里長門(前陸前高田市長)、箱石勝見(県保険医協会会長)、前川慧一(釜石地域革新懇事務局長)、渡辺喜代子(県母親大会連絡会会長)の6氏が名を連ねています。

 岩手県は9日に復興基本計画案を発表し、パブリックコメントや地域説明会を実施しようとしています。

 会見で鈴木氏は、同案に被災者の声が反映されるように、県民会議も政策的な提言を発信していくと説明。結成に向けて被災地の住民組織などにも幅広く参加を呼びかけたいと語りました。

 中里氏は、行政と住民が一体となって安心・安全なまちづくりに取り組むためには、国や県が前例にとらわれない支援をすることが必要だと強調し、県民会議の活動をその力にしたいとのべました。

 県民会議の結成総会は、午後1時半から盛岡市の勤労福祉会館大ホールで開かれます。